ザイロリックという痛風予防薬の知識

痛風ってどんな症状?

痛風の症状について考える男性

風が吹くだけでも痛いという、痛風。よく聞くのは、足の親指の付け根付近に激しい痛みがでて、赤く腫れあがる症状です。

実は、足の親指以外でも症状があらわれることがあります。それは、足関節と呼ばれる足首や足の甲、アキレス腱の付け根(かかと付近)、膝、手関節と呼ばれる手首などの身体中の関節です。

それは、痛風発作と言われる激しい痛みを引き起こす原因に、尿酸値が上がりすぎて体内で処理出来ないまま関節内に溜まることが深く関係しているのです。

関節内に溜まった尿酸は、結晶化してしまいます。すると、体内の白血球が異物だと判断して、攻撃を始めるのです。

その攻撃によって、尿酸結晶周辺の神経や血管が傷ついて、激しい痛みと腫れが生じます。そのため、痛風発作は急性関節炎とも言われます。

尿酸は日常生活を送っている中で、常に体内で作りだされています。本来なら、代謝によって増えすぎる前に体外へ排出することが出来るので、うまくバランスは保たれています。

しかし、激しい運動を行いすぎたり栄養バランスの乱れた食事によって、尿酸の原因となるプリン体が体内に存在するようになってしまいます。

プリン体は分解によって尿酸へ変化しますが、体外への排出が間に合わないことでどんどん体内、主に関節内に蓄積されていきます。

そして、溜まり続けると尿酸が固まり出し、結晶化してしまうのです。それだけでは痛風発作は起こりませんが、飲みの席などでレバー類や魚介類を食べたりアルコールを飲むことでプリン体が急激に増加します。

その摂取したプリン体が分解される夜中から朝にかけて、さらに尿酸が増加することで結晶化は促進されてしまいます。

すると、それを異物と判断した白血球の攻撃が始まってしまうのです。このような流れで、痛風発作を起こすことが多いので、夜中や朝に急激な痛みに襲われる痛風患者がほとんどなのです。

こうした痛風発作を防いでくれるのが、尿酸値を下げる薬であるザイロリックなのです。

発作時にザイロリックはダメ

痛風発作時に尿酸値を下げる薬を飲むことを禁止する医師

激しい痛みを伴う痛風発作を起こしている時に、ザイロリックを服用してはいけません。それは、ただでさえ辛い痛みを増幅させてしまう危険性が高いからです。一体どういうことなのでしょうか。

詳細を確認する

ザイロリックの働きって何?

ザイロリックが尿酸値を下げる仕組みを知る

痛風の原因には、体内で尿酸が作りだされることが関係しています。しかし、その働きを防いでくれるのがザイロリックだというのです。その理由は有効成分を知ることでみえてきます。


詳細を確認する

正しい飲み方で痛風予防

ザイロリックの飲み方を間違えない大切さ

ザイロリックは尿酸値を下げる薬ですが、それは正しい飲み方をしなければ安全に作用してくれません。誤ってしまえば、逆に身体に負担をあたえて危険を及ぼす可能性もあるので、正しい飲み方を知っておきましょう。

詳細を確認する

通販で買える痛風予防薬

痛風を予防できるザイロリックがネットで買える

痛風の人に知っておいてほしい痛風予防薬。その1つであるザイロリックは通販サイトで購入することのできる薬です。病院処方で買う方法と通販サイトの利用では、一体どんなことが違うのでしょうか。

詳細を確認する

痛風発作を防ぐザイロリック

ザイロリックで痛風発作を回避する

痛風患者に病院でも処方されるアロプリノール(ザイロリック)ですが、鎮痛作用はありません。尿酸値を下げることで痛風発作を防ぐことにつながります。どんな時に使用するべきなのか、知っておきましょう。

詳細を確認する

Copyright(c) 2017 痛風になる前にザイロリックを知る All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com