ザイロリックという痛風予防薬の知識
痛風になる前にザイロリックを知る   >   ザイロリックの働きって何?

ザイロリックの働きって何?

ザイロリックが尿酸値を下げる仕組みを知る

痛風予防薬として働きかけてくれるザイロリックは、高くなってしまった尿酸値を下げる効果をもっているのです。

その効果は、尿酸の産生を抑制してくれる働きなのです。病院で処方される薬は、アロプリノールと呼ばれザイロリックの有効成分でもあります。

そもそも尿酸は、人が体内で代謝を行うなかで作りだされる「老廃物」です。これらは本来、尿や汗などから排出されています。

そうして体内にある、尿酸を溜められるタンクからこぼれないように、産生と排出のバランスを保っているのです。

しかし、体内で尿酸が過剰につくられると排出が間に合わなくなってしまいます。すると、関節内に蓄積されて、結晶化。痛風発作を引き起こす原因を作りだすのです。

尿酸はもともと、プリン体という物質で分解されたのちに尿酸が作られます。その段階は、プリン体からヒポキサチン、キサンチンを経て尿酸が合成されます。

ザイロリックの有効成分である、アロプリノールは代謝の中でプリン体からヒポキサンチン、ヒポキサンチンからキサンチンへと変化する際に必要となるキサンチンオキシダーゼという酵素の働きを阻害してくれます。

実は、キサンチンとアロプリノールの構造が似ているので、キサンチンオキシダーゼが誤ってアロプリノールを取り込むのです。これは、オキシプリノールという物質になります。

そして、この物質はアロプリノール同様にキサンチンオキシダーゼの働きを阻害する働きを持っています。

通常プリン体が分解されて尿酸が産生されるはずが、ザイロリック(アロプリノール)を摂取することで分解に必要なキサンチンオキシダーゼを邪魔してくれるので過剰な尿酸の産生を防ぐことが出来るのです。

ザイロリックには、こうした働きがあることから尿酸値を下げるサポートをしてくれるのです。

Copyright(c) 2017 痛風になる前にザイロリックを知る All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com